FRP立体造形・FRP立体看板・スチロール造形加工なら大久保工芸

ブログ

2012年10月31日

加工・組立

今回製作するゆりーとの全長は1600mm。幅も奥行もあるため、内部の補強はしっかり行います。

 

まずは台座と固定する為に足裏を鉄板で製作。

 

台座と本体が一体化するよう、足裏から胴体までの補強材を入れます。

サビ止め、溶接などの加工も伴います。

 

足裏と本体との接合はFRPです。補強材と本体の固定にもFRPを用います。

 

最後に胴体と頭部の接合部を内側からFRPで固定します。これは手が入る最小限の開口部を作らなくてはできません。

 

開口部も再びFRPで閉じ、仕上げます。