FRP立体造形・FRP立体看板・スチロール造形加工なら大久保工芸

ブログ

2012年10月22日

石膏型取り工程

スチロール原型を分解し、石膏取り(石膏で型を取る)工程に入ります。

スチロールに張られたキラキラしたものは切金(キリガネ)といいます。

固まった石膏を分離する際の断面になります。

 

離型剤(スチロールと区別できるように塗料を混ぜて青色にしています)は、

その名の通りで石膏を剥離し易くします。

 

離型剤の上から石膏を塗りました。

通常、3回程重ね塗りします。

 

石膏はとても壊れやすい素材なので、補強として「スタッフ」と呼ばれる繊維を混ぜ、木枠で固定します。

裏返すとこのような状態。反対側も同様に石膏を塗っていきます。

 

すべてのパーツが石膏で塗り固められました。

あとは乾燥し固まるのを待って脱型します。

一見すると無残な姿のゆりーと・・。これからまた、元の姿に生まれ変わります。