FRP立体造形・FRP立体看板・スチロール造形加工なら大久保工芸

ゆりーとができるまで

「スポーツ祭東京2013町田市大会」開催まであと一年

2013年9月28日から10月14日に町田市で開催されるスポーツ祭東京(第68回国民体育大会)への協賛が決定しました。

当社では「FRP製ゆりーと人形」を作ります。

 

これまでもゆりーとは各種大会、試合、式典への参加で町田市のあらゆるスポットへ出没して市民の皆さんと交流を深めています。 「ゆりーと人形」でもっとゆりーとが皆さんの身近になって、一緒にスポーツ祭を盛り上げていければいいな、と思います。

 

まずは製作物のポーズを検討。着ぐるみゆりーとが色々なポーズをしてくれました。

 

どれもカワイイので悩みます。

2012年09月27日

図面製作・アウトラインカット

3Dデーターを基に担当者様と打合せをし、形状やポーズを検証しました。

 

 

図面をもとに、スチロール原形製作に入ります。 まずはアウトラインをカットしました。

機械導入前は、この工程も手作業にて行っていました。

 

 

まだまだゆりーとには程遠いですね

 

2012年10月10日

スチロール原型製作中

スチロール原型製作の途中経過です。

前回アウトラインをカットしたスチロールに手を加えたものです。

だんだんとゆりーとに似てきました。

細かな修正を加えながら仕上げていきます。

羽の製作はこれからです。

2012年10月15日

スチロール原型完成

細かな補正を加え、スチロール原型が完成しました。もう姿はすっかりゆりーとです。

このままでも十分可愛いので飾っておきたいところですが、やはりこれは発砲スチロール。

これから厳しい環境にも耐えられるFRPにしていきます。

 

せっかく出来上がったスチロール原型を分解

次回の工程は石膏取りです。

 

 

2012年10月21日

石膏型取り工程

スチロール原型を分解し、石膏取り(石膏で型を取る)工程に入ります。

スチロールに張られたキラキラしたものは切金(キリガネ)といいます。

固まった石膏を分離する際の断面になります。

 

離型剤(スチロールと区別できるように塗料を混ぜて青色にしています)は、

その名の通りで石膏を剥離し易くします。

 

離型剤の上から石膏を塗りました。

通常、3回程重ね塗りします。

 

石膏はとても壊れやすい素材なので、補強として「スタッフ」と呼ばれる繊維を混ぜ、木枠で固定します。

裏返すとこのような状態。反対側も同様に石膏を塗っていきます。

 

すべてのパーツが石膏で塗り固められました。

あとは乾燥し固まるのを待って脱型します。

一見すると無残な姿のゆりーと・・。これからまた、元の姿に生まれ変わります。

2012年10月22日

石膏脱型その1

石膏が固まったので取り外す、脱型の工程に入ります。

 

簡単にパカっと外れそうに思えますが、意外と簡単ではありません。

石膏はとても壊れやすいデリケートな素材なので、慎重に外していきます。

 

これはゆりーとの頭部。桃太郎の桃を切る光景に見えなくもありません。

 

無事に脱型できました。

2012年10月23日
1 / 3123